ワイルドな風味が癖になる…!煮出しコーヒーに挑戦してみよう!

キャンプノウハウ
アイキャッチ

一風変わった淹れ方をする煮出しコーヒーの作り方を紹介!

こんにちは!今僕はこの記事を、秋田県は由利本荘市の限界集落から発信している。

冬と春を行ったり来たりする不安定な気候のなか、ほぼ毎日庭先で焚き火を楽しむ生活を過ごしているよ。

そんな週末庭先アウトドアで、ついこの間僕は「煮出しコーヒー」なるものに初挑戦してみた!

煮出しコーヒーとは、ひとことで言うとコーヒーの粉をそのまま煮出して作るコーヒーのこと。

そう、実はコーヒーはペーパーフィルターやコーヒーネルを使わずとも淹れられるんだ!

今回は僕の備忘録も兼ねた煮出しコーヒーの作り方を簡単に紹介するよ!

気になった人はこの機会にぜひ挑戦してみてね!

それではいってみよー!

煮出しコーヒーってなに?

煮出しコーヒーのイメージカット
野性味しかない強烈な旨さを感じられるのが煮出しコーヒーの醍醐味!(撮影:メトメ)

煮出しコーヒーとは文字通り、挽いたコーヒー豆をお湯で煮出して抽出したコーヒーのこと。

煮出しコーヒーの歴史は古く、ペーパーフィルターなどでドリップする方法が生み出される1960年代まで、スウェーデンでは一般的なコーヒーの淹れ方として日常的に行われていたそうだ。

特に、野外で仕事をする人たちが愛飲していたことから「フィールドコーヒー」とも呼ばれるんだ。

煮出しコーヒーの特徴は、奥深いコクと野性味のある味わい。フィルターを通さない分、コーヒーに含まれる苦み成分や油分が多く抽出されるんだ。

もしも、普段から愛飲しているコーヒー豆や粉で煮出しコーヒーを淹れたとしたら、あまりの味の違いにきっと皆もおったまげるはず…

煮出しコーヒーの基本的な淹れ方は?

煮出しコーヒーは難しい工程は一切なし!思いったら誰でもすぐに挑戦できるんだ。

その1 やかんでお湯を沸騰させ、火を止めてコーヒー粉を投入しよう

お湯を沸かしているイメージカット
最初はお湯を沸かそう!(撮影:メトメ)

まずはケトルでお湯を沸かそう。

水240mlに対してコーヒー粉を20g投入するのが一人分の目安だよ。あとは飲みたい量や好みの濃さにあわせて適宜調整してね。

粉を入れるイメージカット
火を止めてからコーヒー粉を入れるのがポイント!(撮影:メトメ)

お湯が沸いたら一旦火を止めて、お湯の中にコーヒー粉を投入しよう。

投入するコーヒー豆の挽き方はお好みで問題ないけれど、個人的には中細挽きがおすすめ。なぜなら、ほどよい苦味とコクを味わえるからなんだ。

その2 もう一度火にかけ、沸騰直前で火から下ろして5分ほど待とう

抽出中のイメージカット
時間をおくことでコーヒーの旨味成分を抽出できる(撮影:メトメ)

コーヒー粉を入れたらもう一度火にかけ、沸騰する直前で火から下ろし、蓋をして5分ほど待とう。

コーヒー粉を押しのけてふつふつと気泡が出だしたあたりが、火から下ろすタイミングの目安だよ。

沸騰させすぎたり強火で長時間煮込みすぎたりすると、香りが飛んでただただ苦いだけのコーヒーになる場合があるので、くれぐれも煮出しすぎないように注意しよう!

苦いのが好きな人は少し長めに抽出しても大丈夫!ただし、あまり長く放置しすぎるとせっかくの煮出しコーヒーが冷めちゃうので気を付けて!

その3 コーヒー粉が入らないようゆっくりとカップに注ごう

注いでいるイメージカット
粉が入らないようゆっくりと注ぎ入れよう(撮影:メトメ)

煮出し終わったら、粉が入らないようゆっくりかつ慎重にカップへ注ごう。

カップに粉が入る場合があるので、最後まで注ぎ切らないのがコツ!

やかんを振っているイメージカット
遠心力を使用してやかんの底に粉を沈ませよう!(撮影:メトメ)

振り子みたいにやかんを振ることで遠心力がはたらき、コーヒー粉が底に沈んでいく。

これを行うと粉が入りにくくなるので、淹れる前にぜひやってもらいたい!

塩を入れているイメージカット
塩を入れることで苦みや酸味がまろやかになる(撮影:メトメ)

隠し味に塩をひとつまみ入れると、コーヒーの苦味や酸味がまろやかになるんだ。

もしも、苦すぎたり酸っぱすぎたりしたときに味を調整する方法にぴったり!

市販のコーヒーのイメージカット
飲み慣れた味が一気に様変わりする(撮影:メトメ)

市販のレギュラーコーヒーを普段から愛飲している人は、そのコーヒー粉を用いて煮出しコーヒーに挑戦してみよう!

いつもとまったく違う味わいに度肝を抜かれること間違いなし!これは僕が保証します!

奥深くて野性味溢れる強烈な味わいの煮出しコーヒーは、飲めば飲むほど癖になる。

もしかしたら、これからは普通に入れたコーヒーだと物足りなくなっちゃうかも…なんてね。

登山やキャンプを楽しむ予定がある人や少しでも気になった人は、この機会に煮出しコーヒーにぜひ挑戦してみてね!

それじゃあ、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました